WORKS

  • 日常のダ・カーポ

    2021.4.1 release
    • 1 秘密基地での事
    • 2 悲しいのはやめにしよう
    • 3 何気ない日常を
    • 4 雨が止むまで
    • 5 宇宙からすれば
    • 6 ほんの些細なことだ
    • 7 落ち着けってば
    • 8 気の済むまで
    • 9 他愛ない常日頃
    • 10 眠たいから早めにしよう
    • 11 秘密裏の出来事

    人間の命とは儚いものだ。
    平穏な日常すら愛おしい。
    あの頃の私たちは怒りにかまけて藻掻いたものだが、それが間違いだったとは思わない。
    何気ないすべてに意味が有ったその繰り返しの中に一つたりとも無駄なものは無かったんだ。
    今になって、そう思うよ。

    Human life is a fragile thing.
    Even a peaceful life is lovely.
    In those days, we did everything in anger, but I don't think it was a mistake.
    Everything had a meaning, and not a single thing was wasted in the repetition.
    I think so now.

  • 旧毒電波送電鉄塔(1993~2011)

    2020.10.31 release
    • 1 落ちていたカセットテープ
    • 2 だって何より偽善心
    • 3 あなたは悪くない
    • 4 私生活
    • 5 頭蓋生命
    • 6 コールドターキー
    • 7 タイムトラベル
    • 8 幸せな子供たち
    • 9 夜道には気を付けなさい
    • 10 [OD]
    • 11 悪い夢

    かしむかし大量の毒電波を放つひとり淋しい、私と同じ首に傷のある少年が居た。
    彼は世界を恨み続け、呪いの歌を大声で唄っては泣いて、両親には何もしていないのに何故か謝ってばかりだったそうだ。
    しかし両親に当たってしまった挙句の果て、彼のやつれた心の中に閉じこもってしまい、ひどく病んでいたそうな。
    そんな彼でも、ものを書くことと、歌を唄うことが何より好きで得意だったんだ。
    この鉄塔を見ると今は亡きあの少年に何処かでまた逢えるんじゃないかって、私はそう思うんだよ。
    そう、彼がピエロみたくなってね。

    It's an old story. There was a lonely boy who had a scar on his neck, like me, who emitted a lot of poison radio waves.
    He kept grunting the world, screaming and crying about the song of curse, he said he was just apologizing for some reason to his parents.
    However, after the fact that he hit his parents, he was trapped in his broken heart and was sick.
    Even though he loved writing and singing songs,
    certainly he had the ability.
    When I look at this tower, I think I can meet the dead boy somewhere now.
    Yeah, he wanted to be a clown.

  • Special days

    2020.10.25 release
    nowism
    • 1 Happy Birthday
    • 2 或る嘘吐きの独白
    • 3 影—ひかり—
    • 4 宇宙の話をしようよ
    • 5 夏が過ぎていく
    • 6 足りない月とあなたと私
    • 7 サンタクロースはもう来ない
    • 8 Happy Unbirthday

    おうたPことnowismの新アルバムが登場!全8曲「Special days」
    新曲「Happy Unbirthday」を収録。
    毎日がSpecial daysあなたの毎日のおともに。

    A new album from nowism is here! All 8 songs "Special Days"
    Includes a new song "Happy Unbirthday".
    Every day is a special day, always beside you.

  • Kitty-Guy-Beep!!

    2020.10.25 release
    TamoreS
    • 1 掌の上のサーカス
    • 2 Hatenaの果て?
    • 3 胎児の夢
    • 4 喜怒哀楽
    • 5 俺は神々を絶対に許さない
    • 6 風が吹けば葦が折れる
    • 7 悲しいほどに白い空
    • 8 心の声がきこえるか
    • 9 Crazy my Mind
    • 10 IRL?

    TamoreSことキチガイPの第4弾のアルバム!「Kitty-Guy-Beep!!」
    苛烈な生き様のその人生を猟奇的な音で描き溢れる楽曲。
    深淵の病みを垣間見る様々なサウンドとフレーズ。
    そして、その叫び声を聴くものは息をのみ、思考が奪れるだろう。

    TamoreS aka Kichigai P's new album! "Kitty-Guy-Beep !!"
    A song full of bizarreness that fills the work depicting the way of life with sound. Various sounds and phrases that give a glimpse of the illness of the abyss. Those who hear the scream will be breathtaking and thoughtless.

  • 無観客大道芸人

    2020.7.10 release
    TamoreS
    • 1 Lonely one Joker
    • 2 Clown playing Alone
    • 3 Milky way Train
    • 4 Frustration
    • 5 Intense first Lovers
    • 6 End the Tightrope

    瓦礫の中から孤独にうつむく人ばかりを乗せた銀河鉄道が飛び立つ。 一人が急に不気味に指差しヒーヒー引き笑い。 なんだなんだと静まり返る列車内、差された指先はなんの変哲もない星空の車窓だ。 ワケが分からず面白くなってきて、君も思わず指差し笑う。 これが道化というものさ、ようこそ我らのサーカスへ。

    The galaxy railway flies out of the rubble, with only those who are loneliness. 1 person suddenly laughs like a crazy monkey. Inside of the train, which was stunned and silent, the tip of the pointed finger is just a starry train windows. You couldn't understand the reason why it became interesting and you laughed unintentionally. This is a clown, welcome to our circus!

  • 送電鉄塔

    2020.06.14 release
    TamoreS
    • 1 嬉し涙の先
    • 2 NÉO JAPONESQUE
    • 3 Fuck Of The WORLD
    • 4 Does Difficult Different Dimension Dopes
    • 5 Runaway
    • 6 Heart Painful Pleading
    • 7 a ka ru i a kum
    • 8 I'm here.
    • 9 Cheery Cherry Cheer
    • 10 Oh my Gots&Dis
    • 11 通過する君たち
    • 12 Move the World!!!

    嬉し涙を流すほどの嬉しさとは裏腹に淡々と横切ってゆく人たち。 孤独に苛まれた主人公が感情を詰め込み送電鉄塔に託す。 通知の音がどこかで響き、その存在を知る。 それは手のひらで収まる世界の人たちのストーリー。

    Despite the joy of tears, people cross the lonely road. The protagonist suffering from loneliness packs his emotions into the power transmission towers. The notification sound sounds somewhere and you know its existence. It is a story that reaches the world in the palm of your hand.

  • Rebirth

    2020.06.14 release
    nowism
    • 1 スノウ
    • 2 或る嘘吐きの独白
    • 3 再生

    宇宙のどこかを漂う 知らないその場所は まさしく、そこだった。

    Drifting somewhere in the unknown universe Where i arrived There was just there.